近視治療のレ−シック と 子供の近視治療

◆◆ レ−シック最新情報 ◆◆

レ−シックが合う人、合わない人とは・・・・?

◆レ-シックに合う人とは・・・?

 

基本的には、普段メガネやコンタクトをしている方におススメですが、レーシック治療を受けられる方は、以下のような動機の方がみられます。
・単純にメガネ自体が好きではない方
・コンタクトが嫌いだったり、目が充血で赤くなるのが嫌な方
・スポーツをするのでメガネやコンタクトでは邪魔になるという方
・ドライアイやアレルギー性結膜炎などのため、コンタクトレンズが使用できない方
・長時間のパソコン作業で、メガネやコンタクトレンズだと、眼が疲れて頭痛に悩まされている方
・左右の視力(近視度)がかなり違い、眼鏡では矯正が困難な方

 

 




  ⇒  たった20分で驚きの視力回復!0.06→1.5以上!!

 

 

 

◆レーシックが合わない人・・・?

 

残念ながら、レーシック適用外という条件もあります。
いかに主な理由をあげますが、これ以外にも、医師との相談により、受けられない可能性もありますので、まずは、病院にてご相談ください。
17歳以下の方: 眼球が成長過程にあるため。

 

全身に重篤な病気をお持ちの方: 糖尿病、膠原病などがある方。
眼の病気の方: 白内障、網膜疾患、緑内障、円錐角膜、
近視・乱視があまりにも強い方: 近視度数−12D、乱視度数−6.0Dより強い方。
妊娠中の方: ホルモンのバランスが不安定なため。
授乳中の方: 使用する眼薬が母乳に与える影響が不明なため