近視治療のレ−シック と 子供の近視治療

◆◆ レ−シック最新情報 ◆◆

レ-シック手術前に行う検査は、何をするのか?

レーシック手術前の術前検査

 

 

レーシック手術の前には、いくつかの検査があります。
最新のコンピュータを使って行われ、短時間で終わり痛みもありません。リラックスしてください。

 

この検査は、患者さんがレーシックに適応するかどうかの判断や、患者さんの実際の矯正量を正しく測定することが目的です。

 

■問診・カウンセリング
患者さんと細かく問診及びカウンセリングをします。今までの病気やアレルギーの有無など。
さらにどんな結果になりたいかや不安の解消などです。

 

■視力検査
現在の裸眼視力と矯正視力も測定します。

 

■屈折力測定
角膜と水晶体の屈折力を測定します。
通常の状態で計測後、調節麻痺剤を点眼して再度測定する場合もあります。

 

■角膜厚測定
また、角膜の厚みを正確に測定し、レーシックに適応する角膜厚が
十分にあるかの判断をします。

 

■角膜形状の測定 
角膜の形状、屈折力を検査します。
角膜が度の程度湾曲しているかを調べます。

 

 




  ⇒  たった20分で驚きの視力回復!0.06→1.5以上!!

 

 

 

■眼圧測定 
目に風を当てて目の固さを測定します。
眼圧が異常に高いと緑内障の疑いがあります。

 

■角膜内皮の検査 
角膜細胞の状態を見る検査です。

 

この問診、カウンセリング、検査によって、結果を検討し、レーシック手術ができるかどうかを判断します。この検査時に不適合となった場合でもその症状を治療し完治すれば、次回の検査で結果が変わる場合もありますので、あきらめずに色々と相談してみてください。

 

また、適合となった場合もすぐ手術を受けなくてはならないということはありません。
レーシックについての不安を払拭してからでも遅くないので、無理に手術しないようにしてください。