近視治療のレ−シック と 子供の近視治療

◆◆ レ−シック最新情報 ◆◆

レ― シック手術の失敗事例   その対策

2009年2月に、銀座眼科で視力回復手術のレーシック手術を受けた患者さん639人のうち67人が感染性角膜炎などの健康被害を訴えているとニュースが日本中を駆け巡りました。
また、この時の報道によると、保健所が銀座眼科の衛生管理の徹底が不十分だったとして詳細を調査中とのこと。
そして同年7月には、銀座眼科でレーシック手術を受けた患者らが、治療費など総額1億3,300万円の損害賠償を求めるとともに、溝口朝雄元院長を刑事告訴しました。

 

そしていよいよ2009年8月11日、銀座眼科が「レーシック」感染症による業務上過失傷害容疑で警視庁の家宅捜索を受けたのです。この日は朝から業務上過失傷害容疑で関係先の溝口朝雄元院長が経営していた病院や自宅などの家宅捜索が行われました

 

このような衛生面での管理不行き届きが原因で発生するトラブルがあとを絶ちません。こういうことは、初歩的なミスの例です。そもそも、近視矯正手術では当然目の消毒は行うべきとされています。しかしこれを行わず、さらにフラップ(角膜を削って作る目には見えないほど小さなふた)作成にも失敗してしまった失敗事例がありました。完全に医者の技術不足が原因です。患者さんは裁判を起こし、もちろん勝訴されました。

 

 

もうひとつは、手術の良い部分ばかりを並べ、リスク説明を怠った失敗例がありました。この時には、患者さんが手術後に合併症を引き起こしてしまいました。そして、視力が逆に悪化。こちらも裁判となって、患者側が勝訴しています。