大切なお知らせ

管理業務主任者とは・・・・・・・?

管理業務主任者(かんりぎょうむしゅにんしゃ)は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律制定にともないマンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた国家資格のひとつです。  

 

宅地建物取引主任者が不動産仲介業を営む際に必要なのに対し、管理業務主任者はマンション管理業(以下管理業務主任者の設置義務に記載の場合のみ)を営む際に設置が義務付けられています。従って管理業務主任者はマンション管理業務上、その諸問題に精通していなければなりません。

 

そして、いまや10人に1人が分譲マンション住まいという時代。「マンション管理士」「管理業務主任者」は、業界注目の国家資格として人気を集めています。。マンション管理会社には、必要な資格であり、管理業務主任者とマンション管理士とあわせて、ダブルで取得する人も増えてきています。


管理業務主任者の試験に合格するための方法

何といっても、独学勉強でしょう。参考書を買ってきて、自分で毎日勉強することに尽きます。ただ、学生では無いので、不規則な生活になりがちで、そのままだらだらと日を送ってしまうことが想定されそうな人は、ペ−スメ−カ−としての通信添削を受講されることが、いいでしょう。

 

通信添削、特にユ−キャンのテキストが非常に気に入っています。物凄くよくまとまっていて、これをきっちりマスタ−すれば合格間違いなしです。

 



 

【生涯学習のユーキャン】

 

 

時間的に余裕がある人の場合、通学も大変有効です。現在、浪人状態ならば、
真剣に通い続けることが出来るので、それもありかもです。

 

 

ユ−キャン以外゛ならばLECがいいです。近くにLECがあれば、一度学校の雰囲気を見に
行かれるべきでしょう。

 

 



 

LECの通信講座


大切なお知らせ 2