大切なお知らせ

管理主任技術者になって良かったこと

 

 

現在、分譲マンションは約400万戸は建設されており、さらに毎年20万戸近く
の新築マンションが建設されています。

 

 

 

マンション管理会社の適正を確保するために設立されたのが管理業務主任者
という資格であり、マンションの管理やマンションの復旧・建て替えに関する諸問題
に対応すると一定のレベルに達した専門家が必要になり設立されたのが
マンション管理士という資格です。

 

 

 

同時に取得するのもいいが、私は転職の時に、この管理主任技術者の資格が
あって採用ということになったという経緯があります。

 

 

 

特に、マンション管理会社は国土交通省へ登録する際に、30管理組合に1人以上の
管理業務主任者を専任し、届け出なければなりません。管理業務主任者は、
管理会社の立場からマンションを巡る問題を解決したり、全般的なマネージメント
を行うスぺシャリストです。以上のことから、管理業務主任者は、マンション管理会社
にとって必須の人材(資格)と言えるでしょう。

 

 

このあたりとの所が、転職の勘どころと言うことになろうかと思います。

 

 

 

 


私がして上手くいった勉強法

 半年勉強すれば、かなり合格率は高いです。通学出来ると一番いいですが、通学が厳しいならば、これでしょ。


 

 

生涯学習のユーキャン

テレビで宣伝するだけの事はある内容でした。ペ-スメ-カ-として凄くひっぱってくれました。

 

 

 


大切なお知らせ 2