歯科助手と調剤薬局事務・・・資格取得、どちらにしよう?

やっと子供も大学に入って、一段落しました。少しのんびりしたいが、主人の会社も
いつなんどき、どうなるか分からないというのも現状でした。今から3年前の
ことになります。

 

働きに出るわけにはいかないし、かといってじっとしているのも性に合わないので
ともかく準備しなければということで、いろいろ模索しました。

 

 

BMW

 

 

 

 

 

履歴書にきちんとかける資格でないと意味がありません。趣味の世界の資格もいいで
すが、私のところはそんなに裕福でなかったので、能力を示せる資格でないといけないと
考えていました。

 

 

その次に、苦労して取ったら仕事がある資格であることも大切だと考えました。
「良くとりました。りっぱ!!」だけでは、駄目だと考えていました。

 

 

 

職を求めた時に、それなりに求人があるものでないと時間をかける意味がないと
考えました。私は絵が好きなので、西洋画のレッスンをカルチュアスク−ルか
ユ−キャンのカリキュラムで受講したかったのですが、西洋画の講師の仕事は
ありませんので断念しました。

 

 

 

AKA1

 

 

 

 

 

 

そして大切なのは、資格をとるのにムチャクチャむつかしくないことを条件に
入れました。あまり難しいと続かないし、誰か一緒にはしってくれる人が
居ないかなあと考えました。絶対に、勉強していく上でだらけたり
嫌になったりすることがあります。そんな時に並走してくれる人がいたら
全然違うからです。

 

 

結局、ユ−キャンの通信添削にしたのは、テキストが魅力だったのもありますが
添削して赤字で添削の先生のメッセ−ジに何度も励まされたからなのですね。

 

 

参考書を探すのも大変でしたし、何と言っても赤字のメッセ−ジの力は絶大です。

 

 

大切なことは

 

  @ 履歴書にかける資格であること

 

  A 資格を使って就職があること

 

  B 異様に難しくないこと。誰か並走者がいること

 

 

ということで 決定したのが

 

 

   歯科助手と調剤薬局事務の2つの資格でした。   

 

 



 

 

ユーキャンの歯科助手講座

 

 

 

 この二つを追いかけることに決定したのが、3年前のことでした。
 それから家事と資格取得の勉強の二本立ての生活が始まりました。

 

 

 最初、参考書を買ってきて独学で勉強を始めたのですが・・・